白髪に関する情報が満載!

燃え尽きたよ・・・真っ白に

白髪の原因と有効な食べ物

白髪は、見た目の若さにも関わってくるため何とか防ぎたいと思う人も多いと思います。
白髪の原因は幾つかは明らかになってきており、それに応じて対策も出来るようになってきました。
原因は大きく4つ挙げられます。
1つは髪を黒くするために必要なメラニンを作るためのチロシンが不足していること。
2つめはメラノサイトの活動が十分でない為のメラニン色素の生成不足。
3つめは、過酸化水素の蓄積で、これは食事ではコーヒーや紅茶、また歯を白くするホワイトニング剤に含まれているとされています。
そして、4つめは成長ホルモンの分泌不足です。
ではどのように対策すればいいのでしょうか。
食事の面から挙げると、チロシンを増やすために大豆やチーズに多く含まれていることから食事に取り入れるといいでしょう。
どちらも1日50グラムから200グラムくらい食べるとチロシンを十分とることが出来ます。
また吸収を高めるためにビタミンB6,ビタミンB9と摂るとさらに効果的とされます。
例えばニンニクや魚介類などが挙げられます。
他にはビタミン12を含む食べ物も有効です。
例えば貝類のあさりや赤貝に多く含まれています。
またビタミンCは過酸化水素を取り除いてくれるため積極的に摂りたい栄養素です。

白髪になる原因とは?

白髪というものは高齢層のみの悩み事かと感じる方が多いと思いますが、近年では若白髪が急増していることが明確になってきています。
主に3つの原因が挙げられています。
まず、遺伝です。
両親ともに若白髪であったり、どちらかがそうであった場合子供がそうなるケースが多いと統計されています。
だからといって諦めるのではなく、髪に良い環境と整えることや食生活に気をつかうことを心がけると良いでしょう。
次に精神的ストレスです。
非常に強いストレスを感じると血行が悪くなり頭皮や毛根にも影響を及ぼし栄養がいかなくなり色素細胞の働きを悪くしてしまいます。
ストレスとは自身が感じていなくても身体が感じ外に放出し言わば今ストレスを感じているんだよ、とサインを出してくれていることになります。
円形脱毛症などを引き起こす事柄にもつながるのです。
次にダイエットによる栄養不足です。
過度なダイエットを行うことにより髪や頭皮などは生命にかかわらないため栄養が後回しになるのです。
そのため髪や頭皮、毛根等に栄養が行き届かず髪を黒くするためのメラニン色素が生成されないのです。
ダイエットではカロリーは減らしても栄養はしっかりと取ることが大切です。



Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/gknnqvo6/public_html/inc/randlink.php on line 12

このページのTOPへ▲